子育て

千葉県野田市「もりのゆうえんち」は小さなお子さんにおすすめの遊園地

ハリネズミのつもりのハリーですよ。こんにちは。

 

車に乗って、2歳8ヶ月の息子を連れて、どこにあそびに行こうか調べていたら見つけたのが…

千葉県の野田市にある「もりのゆうえんち」という小さな遊園地でした。

 

 

駐車場無料ですし、向かい側には大きなイオン(ノア店)があるので、あそびも買い物もできて1日過ごせる場所になっているのです。

 

バッテリーカーやトーマス、新幹線の乗り物など、未就学の小さなお子さんでも楽しめる遊園地になっていました。

特に2歳以下無料の乗り物がいくつかあったので、2歳以下のお子さんがいるなら尚おすすめですよ。

 

「もりのゆうえんち」は入園料無料

なんともりのゆうえんちは入園料が無料!

ただもちろんのこと、乗り物に乗るにはチケット台が必要です。

 

高い入園料払ったのに全然あそんでくれなかった…とならずに好きな乗り物だけ楽しめるのは嬉しいポイント。

特に息子の場合、音の大きなアトラクションなどは怖がってしまうので、個別で乗り物を選べるのは良かったです。

 

駐車場も無料

1800台は止められるらしい駐車場もなんと無料!

東京の遊び場ではだいたい駐車場代がかかるので、かなり嬉しい。

 

僕らは土曜日に行きましたが、広い駐車場なので余裕で止めることができました。

 

フリーパスもある

チケットは基本1枚100円(1000円で100円券×11枚)

 

単体のチケットだけでなく、フリーパスもあります。

3歳以上は2200円となっていて、2歳以下はフリーパスはありません。

2歳以下のお子さんが乗ることができてフリーパスの使用できる乗り物は全て無料だからなのです。

 

他にも親子フリーパスというものがあります。3才~15才までのお子さん1名+16才以上の付添の方1名の計2名分で3600円とお得になります。

 

2歳以下は無料でも、保護者は有料

2歳以下無料の乗り物がいくつかあると言っても、基本保護者も一緒に乗らなければいけないので、無料で楽しむことはできません。

お子さんがどれくらい乗りたいものがあるかで親用のフリーパスを買うか、100円券を必要分買うかは考える必要がありますね。

 

「もりのゆうえんち」のアトラクションたち

決して多くはないのですが、もりのゆうえんちには小さい子ども向けのアトラクションがあります。

中学生以上になると正直あんまり楽しめないかも。

 

スーパースイング

カラフルでくるくる回るのはスーパースイングというアトラクション。

 

身長120センチ以上、小学生以上の方から乗ることができます。

 

もちろんのこと、僕ら一家は乗っていませんが、息子はこのアトラクションの音にびっくり。

その見た目のスピード感はすごいし、悲鳴も聞こえてくるしで、ビビリまくって他の乗り物の後ろに隠れて動けなくなっていました。

その後は抱っこで避難しました(笑)

 

ジャイアントホイール

いわゆる観覧車です。

1回500円で、2歳以下は無料です。

未就学児は16歳以上の保護者と一緒じゃないと乗ることができません。というか未就学児は全てのアトラクションに一人では乗れません(バッテリーカーとかは別)

 

今回は息子が興味を示さなかったので敬遠しましたが、なかなかの大きさでした。

 

他にも色々

息子と乗ったのは「おとぎ列車」という汽車のアトラクション(大人は300円かかります)

申し訳程度に走る汽車で、一瞬で終わるのですが息子は楽しんでいました。

唯一息子が楽しむことのできたチケットが必要なアトラクションでした。

 

他にも、ドラゴンコースターという小さなジェットコースターやメリーゴーランドなどがあります。

ぐるり森大冒険というアトラクションは、謎を解きながら迷路をクリアしてカードをゲットするという小学生にめちゃくちゃウケそうなものでした(僕もちょっとやりたかった)

 

まだまだ他にもあるので、ぜひ見てみてくださいね。入るだけなら無料なので。

 

トーマスや新幹線、バッテリーカーなど

園内には、チケット制ではなく直接お金を入れて動く乗り物もたくさんあります。

 

息子の大好きなトーマスがいましたが、近くに怖いアトラクション(息子としては)があったのですぐに降りて逃げました。

 

車に乗りながらラムネも取れるというゲームがありました。

 

息子は1回200円の新幹線が気に入って、連続で2回乗ってました。

 

幼児2名まで乗れるということだったので、大人はだめということだろうと息子は一人で乗車。

ちょっと緊張していたけど危なげなく乗ることができて成長を感じました。

 

1回200円のバッテリーカーもありました。

自分で操作することができて嬉しかったようで、バッテリーカーも気に入ってました。息子は消防車が大好き。

 

一緒に乗りましたが、懐かしかったです。

 

ゲームコーナー

ゲームコーナーもありました。

UFOキャッチャーや太鼓の達人など。息子は音を怖がり、あそびませんでした。

 

両替機があるので1000円札を100円に崩すことができます。

 

トイレが汚い

気になる点としては、トイレが正直汚いということ(出入り口のところに1箇所のみ)

男子トイレで立って…ならまだしも座ってするのは遠慮したいレベル。

 

気になる方はイオンのトイレを使った方が良いかもしれません。ただ、イオンのトイレを実際に使っていないので保証はできません。

 

「もりのゆうえんち」の住所、開園時間、駐車場など

  • 住所:千葉県野田市中根6-1
  • 電話番号:
  • 開園時間:平日=11:00〜17:00 土日祝日=10:30〜17:00
  • 休園日:水曜日休園(春・夏休み、ゴールデンウィーク、年末年始を除く) 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間木曜日も休園といたします。 冬期メンテナンス休園:1月の第4月曜日~金曜日(4日間)
  • 入園料:無料(乗り物は有料)
  • 駐車場:あり(無料1800台)

 

まとめ

もりのゆうえんちは決して大きな遊園地ではなく、楽しめるのも小学校の3年生くらいまでかなぁと見ていて思いました。

 

でも入園料無料なので、乗りたいものだけ楽しめるところがすてき。

小さな子どもの楽しめるものがたくさんあったので、お子さんと楽しめる場所を探しているならぜひ行ってみてくださいね。

 

土曜日なのにも関わらず、混雑しているようには全く感じられない様子が好印象でした。